*サンガツオモシアトラムは、群声という合唱形態を使い、数々の創作を行なっています。
風景、心境、「気」、調べを声で表わす表現です。(詳しく
演劇や映像作品とのコラボレーションにも力を入れています。


*主宰、中江絵美の作品創りの特徴
「今、出会えている人と、できること」。

***************************
■New
公開待ち作品:映画 演舞劇「凪面喜甦〜なぎめんきこう〜」


***************************

■Info

 ■稽古(群声・合唱・発声)

4月2日  (日)13:00〜17:00

4月9日  (日)13:00〜17:00

4月16日(日)13:00〜17:00

4月23日(日)13:00〜17:00


*************************** 

■場との創作(3月18日に行なわれました♪)
サンガツオモシアトラムのメンバーが出会った場所で作る「うた」
即興群声「天文台の夢」


*************************** 


こ・こ・おと 
 ♪
音楽ワークショップ(0才〜)

 「耳を開こう」「音を感じよう」

2017年5/26(金)10:30~11:30

於:金剛院


感想

◎音があるのに静けさが感じられました。


◎毎日、日常の中の音と過ごしていますが、このワークショップで、自然の中に私はいるんだなぁと思いをめぐらせました。

◎雪にも自然の音があることを感じたり、聞くことができました。(1歳とお母様)


◎最初の直感連想ゲームからここまでの完成に辿りつくことに感動しました。
小さな音や雪を表現する音にも、もちろん感動したけれど、速いスピードで作られていくこのワークショップの流れに感動しました。次回も参加します。(2歳とお母様)

◎直感やイメージを尋ねられ、それに答えたりするのが初めてなので、難しかったです。でも、だんだん面白くなり楽しかったです。(20代女性)

◎音から匂い、香りまでを同時に感じることができました。小さなお子さんがいるということは発想やイマジネーションを手助けしてくれますね。(アーティスト)



****************************

これまでの公演

*演舞劇『陽月姫と侍』 (屋外)


*群声ミュージカル『森は命の守り神』(屋外)

*音楽劇『たぐる』


アフタートーク

佐藤壮広(宗教人類学者)
×
なかええみ(演出家)

前編

後編