□ここおと会の記録

 

第1回 2016年9月29日 テーマ「今の自分」
 参加者が自分の今を表す言葉(音)を見つけ、それを声にした。全体的に揺らぎが起こった。

第1回の様子

会場をお借りしている金剛院の野々部住職が見学に来てくださいました。
『声は振動です。宇宙全体に振動が伝わるようでした。みなさんの歌は呻きのようであり、歓喜のようでした。なかなか自分の声を自由に思いを込めて出すということはない経験だと思いますので、いい機会だと思います。』

 

 

第2回 2016年11月24日 テーマ「冬の光景」

 3グループに分かれ、冬の光景を作った。「冬の気配」「具体的な冬」「冬の時間」。音はバラバラなのに、誰もがイメージする「冬」になった。
 外は雪景色。冬の歌ができた。冬という言葉で喚起させられる、それぞれの思いが入り感動的な会であった。

第2回の様子

 

第3回 2017年1月26日 テーマ「色」

 今のご自身を色で表すとどんな色か?・・その色を音にしてもらいました。

 そこにリズムも入れて、身体の中から声が出るようにしていくと音に張りや野太さが出ました。

「悦び」「歓喜」「溶けた」という感想が聞かれ、楽しい会でした。

第3回の様子

 

第4回 2017年3月23日 テーマ「春」
 春に感じることを言葉にしてから、グループに分かれ 「春」の音を作る。旅立ち、さみしさ、成長、花見、卒業式など、出会いよりも別れのタイミングの「春」を乗り越えるための明るい歌にした、という思いから声かけのようなフレーズや反復があった。

第4回の様子

 

第5回 2017年5月26日 テーマ「雨」
 雨とは何か?雨の音ではなく、雨の意味や雨に込められる私たちの思い、心を音にする。グループを3つに分けた。

 「天」、「地」、天と地の間「空」。
 非常に意見の活発な会であった。音が聞こえなくても「音はある」という感覚も表現することができた。

 それぞれのグループで工夫されたものをつなぎ、雨の道が見えるようだった。

 雨をどのように感じているかの意見やイメージは広がり、イメージ化(歌化)はできたが、雨への心、思いまでの洞察は入らなかった。

第5回の様子

 

第6回 2017年7月28日 テーマ「偶然」

 参加者の自己紹介の中で、偶然の出来事がたまたま重なり、キーワードのように時間系列の偶然があったためテーマを偶然にした。

 グループを二つに分け、偶然ができる瞬間、個別の時間が重なる瞬間を作れるように、リードした。参加者の皆さんだけでその瞬間が察知されて偶然にも「その瞬間が音によって表現」された。驚くべき瞬間だった。

アーティスト吉島陽子さんが、ここおと会での体験を絵にしてくださいました。

第6回の様子


第7回 2017年7月28日 テーマ「感覚〜石、山、大気」

 感覚を一つでも失うと、それは不自由になる。。。自由を奪われた私たちは一瞬でも「怖く」なる。
そんなシェアから、感覚を持たない無生物を主題にしました。

第7回の様子

 



番外編! ここおと「遠足」
実施日 2017年3月18日 国立天文台

サンガツオモシアトラムのメンバーとみんなで遠足に行き「うたを作る企画」。
外で声を出す、とても気持ちいい♪
「星」「大空」「夢」にかけるフレーズを作ってうたにしました。

即興群声「天文台の夢」

私たちの大切な大切なうたになりました。