ライブ『し乃美夜 SHINOBIYORU

2017年11月5日 at ギャラリーHATCH

詞・曲・構成・歌 なかええみ

映像・写真  MIWAKATOH
出演 サンガツオモシアトラム

写真家MIWAKATOHとパフォーマーのなかええみが「日常の中に祈りがある」と対話をし、そこから始まったコラボレーション。

対談こちらです。

映像とうたと群声「し乃美夜」

【詞・曲】

微睡(まどろみ)

夜でもなく朝でもない...目醒める予感のイメージ。

雨(あまみ)

雨は天から降る。あまねく地に天から降る。「私」は雨に濡れる。 私たちの身の回りの水は全て天から落ちてきた。天を含んでいる。

よったらよい

忍び寄って近づいて「私」に!私はこんなにもここにいるから!

リバース

再生。生きるためには死んでいく...生を内包させた死という生を生きる。

ひいらいた

あちこちに花が咲く。あちこちに。蓮華の花は仏のオマージュを乗せて軽やかに。

トンティンシャン

雨で地面が叩かれる。まだ明けない雨の夜にあって「悦び」の豫告が宣言される。晴れやかな朝になる!と。

雨上がりの空

雨上がりは朝を携えてやって来た。再生した「私」は昨夜と違う「私」のようだ。

朝餉(あさげ)の時間

朝の風景。どこにでもある生活の風景。「私」は朝にあって朝そのものだ。

曼荼羅の祈り旅

「朝は来るだろうか?」祈りの旅に引き込まれた「私」の気づき。 

 

「曼荼羅の祈り旅」 なかええみ

曼荼羅の舟に乗り 曼荼羅の旅に出た

  数多の腕に 絡まれて 暗闇の海へ沈められ 漂った

曼荼羅の舟に乗り曼荼羅の旅に出た

  行く手に見える 白い御手 旅人を 誘うかのように 浮かんでいる 

深い深い祈りの世界 深い深い瞑りの中で 

 ああ 朝は来るだろうか 

 私を呼ぶ声がする 畏れが口を開いた 祈らせて 

曼荼羅の舟に乗り 曼荼羅の声を聞いた 

 呻きにも似た 歓喜の歌よ 私は瞑りの海で 夢を見た 

 風に吹かれし 舟こぎの人 道を分かつ 漕ぎ手の男 

あの手 知ってる おとうさん ああ 朝を迎える 

曼荼羅の舟に乗り 曼荼羅の旅に出た

 

 

◆トークセッション  (対談) 

前半

「祈りの手の曼荼羅」の手は「祈る人の手」、どうやって撮影を?

「希望的な美」世界がフルカラーになった瞬間。

写真家MIWAKATHOが共有したいもの。

後半

これから撮りたいもの

踏み込む怖さ

テーマ「祈り」

これから、そして、メッセージ