works

■「The bird inform a rainbow be appear


Write/Direct: EMI NAKAE

Cast: ERIKO HIDAKA/EMI NAKAE 

Special Thanks: MAYUMI KOMATSU

A life will be handed to next a life...
 
        ...we will be alive if there is a place to stay to be yourself.


【お客様のご感想から】

一瞬一瞬、目が離せないくらい、表情にも声にも引き込まれました。

(R.H.さん)
 

虹を見ると幸せになるのはどうしてでしょうか?

少し理由がわかったような気がします。

何人も、生きる上で幸せを追求できるのですね。

つながる事の大切さと幸せを感じました。

(A.S.さん)


舞台がハワイの砂浜に見えました。

登場人物たちの心の動きが伝わってきて、とても心を動かされました。

(H.Y.さん)

 

愛のストーリーをどんどん届けて下さい。

心洗われる時間をありがとうございました。

(N.O.さん)

 

心に響く物語でした。

自分が生きていることを当たり前に思うのではなくて、周りに感謝して生きていかないと、と改めて心に感じました。

(H.M.さん)

言葉の力、また、言葉と言葉の間の空気。

場の空気が動いた時に立ち会えました。

(M.K.さん)

 

『離れていても、その人が自分の中に生きている』というフレーズが印象に残りました。

2人だけでこんなに大きな世界を描けるのだと感心してしまいました。

(K.H.さん)

 

心の奥のほうにしみこんでくることば、メッセージがありました。

目に見えないものが見える気がしました。

(J.M.さん)

 

表現することの素晴らしさを感じました。

流される日常の中で、自分を振り返る機会にもなります。

(M.M.さん)

 

命を紡ぐという当たり前だけれど、尊い営みを、シンプルにステキに伝えてもらいました。

イメージが広がる、美しい舞台だったと思います。

(Y.Y.さん)

 

美しい、でも悲しいウクレレの音色と声に一気に引き込まれ、物語の世界に入っていけました。

愛の物語、大きな愛、引き継がれる愛、そしてその居場所・・・包まれて最後は満たされた幸福な気持ちになりました。

(J.S.さん)